利用者様が安心して共同生活を営むことができるよう、居宅サービス計画に基づいて入浴、排泄、食事等の介護その他の日常生活上の世話及び機能訓練を行っています。

 入居者の方が安定した生活を送れるように、意思及び人格を尊重し、自らを傷つけたり、他の入居者の方等へ加害の恐れがあるなど、緊急やむを得ない場合以外は、原則として身体拘束は行いません。

 又、居宅介護支援事業者、その他保険医療機関福祉サービス提供者、及び関係市区町村と綿密な連帯をはかり、地域において統合的サービス提供を受けることができるように努めています。

 明るく家庭的雰囲気を重視し、「にこやか」で「個性豊か」に過ごすことができるようサービス提供に努め、懇切丁寧を旨とし、ご本人又はその家族に対して日常生活に必要な事項について、理解しやすいように指導又は説明を行うとともに同意を得て実施するよう努めています。