文字の大きさ小中

ホーム 診療科目

診療科目

当院の紹介・アクセス

当院の紹介・アクセス

医療関係の皆様へ 採用情報 お問合わせ

お問合わせ

スミレ会グループ
入院受診 入院される方へ
受付時間

午前診受付 月~土 8:00~11:00
夜間診受付 月~金 16:00~18:40
詳細は以下をご確認下さい

お問合わせ
北須磨病院

〒654-0102
神戸市須磨区東白川台1-1-1

  •  TEL (078)743-6666
  •  FAX (078)743-1230

アクセスページへ プライバシーポリシーへ

内科

HOME >診療科目>内科

医師紹介

大槻眞 特別顧問

兵庫県立神戸医科大学(現・神戸大学医学部) S42年 卒
神戸大学大学院 医学研究科 医学博士 S48年 修了
産業医科大学名誉教授
神戸女子大学名誉教授
<所属学会>
日本糖尿病学会専門医・指導医、日本内科学会認定内科医、日本消化器病学会専門医、日本内科学会認定内科医,日本医師会認定産業医
糖尿病は40歳を過ぎると増えはじめ、今や糖尿病有病者と予備群の合計は成人男性の30.3%、女性の25.3%にもなります。糖尿病は悪い生活習慣を持つ人がなる特殊な病気ではなく、今の日本人が普通に生活をしていれば、普通にかかってしまう病気なのです。このように国民病化してしまった糖尿病は、脳梗塞や心筋梗塞をはじめ、失明や慢性腎臓病を引き起こす原因になります。糖尿病の患者さんも健康な人と同じ様な日常生活の質を保ち、健康人と変わらない寿命を全う出来るようにしたいと考えています。


吉山ゆうき 医師
内科部長

香川医科大学医学部 S61年 卒
<専門分野>
呼吸器内科
<所属学会>
日本呼吸器学会、日本内科学会認定医
呼吸器科として、感染症治療・喘息・肺気腫等の慢性疾患のコントロール、禁煙指導などを行っています。
睡眠時無呼吸症候群(OSAS)は深い睡眠がとれないだけでなく、高血圧・糖尿病・不整脈などを引き起こし、重症になれば10年後の命にかかわる脳・循環器の発作につながります。未だ診断・治療されていないOSASは多く、今後通院でのOSASの診断・治療も行っていきたいと思います。


佐々木健一 医師
内科副部長

京都大学医学部 H16年 卒
京都大学大学院 医学研究科 医学博士 H29年 修了
<所属学会>
日本内科学会専門医
日本循環器学会専門医
心臓の病気は心筋梗塞や不整脈など生命に関わるものも多く、心不全など生活習慣に気を付けることで症状が大きく改善する病気もあります。また、早めに対処することで重症になるのを予防できることも多いです。動悸、胸が重い、息切れする、下肢がむくむ、など気になる症状がある方はお気軽にご相談下さい。



診療内容

内科

かぜ、発熱、腹痛、頭痛等の症状を診療します。
体調が悪いけれど、どこの科にかかったらよいのかわからない、
という時にも、どうぞお気軽にご相談ください。



呼吸器内科

感染症治療、喘息、肺気腫等の治療を行っています。
睡眠時無呼吸症候群の治療、禁煙外来にも取り組んでいます。



糖尿病内科

脳梗塞や心筋梗塞などを引き起こす原因となる糖尿病の予防、改善を
専門医による専門外来で行っています。



循環器内科

心臓や血管にかかわる病気を診療するほか、高血圧、高脂血症など、生活習慣病の治療および生活指導もおこないます。


・不整脈(上室性期外収縮・心室性期外収縮・心房細動・徐脈・頻脈)
・狭心症
・心筋梗塞
・心不全
・高血圧症

設備案内

心エコー・心電図・ホルター心電図

高度な専門機器と的確な判断により、地域医療の向上に努めています。


病変の診断や治療効果の判定には欠かせない
超音波診断装置
超音波によって心臓・腹部の組織の症状や機能、
病変の質的診断や治療効果の判定に用います。

ファイバースコープを用い診断能力を高める
電子内視鏡
ファイバースコープを食道、胃、十二指腸、大腸、気管支に挿入し、テレビモニターの画像を観察診断する。主たる目的は病変の性状判断にあり、組織生検、細胞診、拡大観察、色素散布などの併用も行い、診断能力を高めます。

高解像度の三次元画像から多層的に診断
マルチスライスCT装置
CT検査一般、特に広範囲且つ多層の造影検査。高解像度の画像からは質の良い三次元画像が作成可能であり、頭部、胸部、腹部、脊椎、四肢とすべて部位における疾患の診断に用います。

あらゆる部位の断層像が撮影可能
磁気共鳴画像診断装置(MRI)
放射線による被曝がなく、磁場を利用して頭部を含む身体のあらゆる部位の断層像もしくは3次元を任意の方向から撮影できます。
お問合せ